ライフコラム.com

汗が発する危険信号

汗が発する危険信号!

汗をかくことは、新陳代謝には欠かせない行為ですが、
汗をかく量、かく場所、臭いによっては、
いろいろな病気の兆候や体の不調を訴えている場合があります。

 

汗といえば、まず頭に浮かぶのが多汗症なのではないでしょうか。
多汗症とは、顔、頭、手のひら、足の裏もしくは全身に急に多量の汗をかく病気です。

 

遺伝性のものもありますが、成人して発症する場合は、
自律神経系の乱れが原因の場合が少なくありません。

 

もし多汗症で悩んでいるなら
★>>>多汗症改善プログラムを参考にしてみてください。

 

あと汗が発する信号として
首の後に冷や汗や多量の汗をかき、寒気を感じるようだったら
低血糖症が疑われます。
もしこのような兆候が続くようであれば、一度病院で検査を受けると良いでしょう。

 

今では、病院と同じ検査が自宅でできるキットもあるので
糖尿病が気になるようなら一度試してみる価値が有るかもしれません。

 

>>>自宅で簡単!糖尿病検査

 

更年期障害や妊娠するとホルモンバランスが崩れ汗を多くかく場合があります。
普段よりも汗の量が多いと思ったらこれらの可能性もあるかもしrません・

 

汗の臭いが気になる場合
ストレスが原因の場合も少なくありません。
ストレスで自律神経系が乱れると脇の下などにあるアポクリン腺から、汗が出る場合が多くあり、
この汗には、タンパク質などが多く含まれ脇の下で雑菌の増殖につながります。

 

雑菌が増えることで普段より強い臭いが発生します。
ストレスを軽減することで、汗の臭いも和らぐ場合があります。

 

熱中症の疑い
夏場汗をかいたあとめまい等に襲われた場合熱中症が疑われます。
熱中症は、汗をかいたあと汗がピタリと止まり汗が出なくなる場合があります。
このような場合、涼しいところで水分の補給に努めましょう。
気分が悪い状態が続くようだと救急車を呼んで専門医の治療を速やかに受けることも大切なことです。

 

あと甲状腺機能亢進症、痛風、パーキンソン病、がんなどの病気を発症している場合も
汗が普段よりも多く出る場合があります。

 

薬の副作用で体調が崩れて汗を多くかく場合もあります。

 

このように汗はいろいろな信号を発信しているのです。

 

汗は、誰でもかくものですが、汗の量が異常に多すぎたり、少なすぎたり、臭いがきつくなった場合、
これらの病気の兆候かもしれませんので早めな検診も必要ではないでしょうか。



◆◇◆◇◆◇◆ 多汗症改善最新情報 ◆◇◆◇◆◇◆

もし汗がですぎて困っているなら

こちらのサイトをご覧ください

多汗症改善プログラム最新情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
多汗症最新情報