ライフコラム.com

汗とニオイの関係

汗とニオイの関係

猛暑続きの今夏、誰もが大量に汗をかく機会が増えるでしょう。
汗を大量にかくと、どうしても気になるのが汗のニオイです。

 

汗の成分は、元々は、単なる水分でニオイは、ないはずですが、
なかには、強いアンモニア臭に悩まされている方は少なくないかもしれません。

 

では、汗をかくとニオイが出るのはなぜなんでしょうか。
汗とニオイの関係は、体に潜む病に関係があるようです。

 

アンモニア臭がする汗をかく場合は、
内臓機能の低下、特に腎臓、肝臓の機能低下が疑われます。

 

どちらの臓器も老廃物を処理する臓器です。

 

この腎臓や肝臓の機能が低下すると、老廃物を処理して尿として排泄できなくなります。

 

そのため、尿として排泄出来ずに血液に含まれた老廃物が汗と一緒に排出されます。

 

その老廃物と細菌が一緒になりアンモニア臭がでるそうです。

 

また痛風や貧血の場合も汗腺の機能が低下して体内に吸収されるべきミネラルが
汗と一緒に排出され、細菌と一緒になりアンモニア臭を発する場合もあります。

 

糖尿病の場合は、汗のニオイが甘酸っぱいニオイがする場合があります。

 

糖尿病は、インシュリンの分泌が衰え糖の燃焼がうまくいかない病気です。

 

糖の燃焼がうまくいかない代わりに脂肪が燃焼され、
その際に甘酸っぱいニオイのする成分が多く排泄され
汗に混じって出てくる場合も少なくないそうです。

 

このように汗とニオイの関係で気を付けなければいけないのは、
いろいろな病気が潜んでいるということです。



◆◇◆◇◆◇◆ 多汗症改善最新情報 ◆◇◆◇◆◇◆

もし汗がですぎて困っているなら

こちらのサイトをご覧ください

多汗症改善プログラム最新情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
多汗症最新情報