ライフコラム.com

良い汗と悪い汗

良い汗と悪い汗

汗にもいろいろありまして、良い汗、悪い汗があります。
汗は、もともと血液です。

 

その血液が汗腺(汗の出口)に取り込まれ、
水分以外の成分は、大部分が血液中に戻されます。

 

その戻される成分(ミネラル等)が上手く再吸収されるかどうかで
良い汗・悪い汗が決まります。

 

では「良い汗」とは、・・・

成分の大部分が水分でさらっとしてベタつきやニオイが少ない汗のことです。

 

また水分が大部分なため蒸発しやすく、体から熱を奪い体温が下げやすくなります。

 

良い汗は、汗の再吸収がスムーズに行われるため水分がほとんどの汗です。

 

一方「悪い汗」とは・・

汗の再吸収がスムーズに行われないため汗の成分にミネラルなどが含まれ、
それが皮膚に付いた雑菌の養分になり雑菌を増やしニオイの元になります。

 

またミネラル等が含まれた汗は蒸発しにくく、その結果体温を下げにくくします。
その為、熱中症などの原因になりやすく体調不良も招きます。

 

現代人は、この「悪い汗」をかく人が増えています。
その原因は、汗腺にあります。

 

普通、人体には200万〜500万の汗腺があるのですが、
現代人の多くは、この半分も使用されていません。

 

それは、エアコンで汗をかかない環境にいるためです。

 

活動している汗腺の数が減ると
他の休んでいる汗腺の分まで働かなければならないため、
汗の再吸収がスムーズに行われなくなり
水分以外にミネラル等を多く含む汗をかきやすくなります。

 

「悪い汗」は汗腺の活動の減少が原因です。

 

多汗症の原因もこの汗腺の減少が原因の場合も少なくありません。
活動できる汗腺の数が減り全身から汗をかけず、
顔やわきの下など体の限られた部分からどっと汗をかくからです。

 

多汗症で悩んでいる方も、
日頃から良い汗をかく環境で人体の汗腺を正常にすることも大切です。



◆◇◆◇◆◇◆ 多汗症改善最新情報 ◆◇◆◇◆◇◆

もし汗がですぎて困っているなら

こちらのサイトをご覧ください

多汗症改善プログラム最新情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
多汗症最新情報