ライフコラム.com

手術で治す多汗症

手術で治す多汗症

多汗症は、手術で治るのでしょうか。

 

多汗症にもいろいろな種類の多汗症があります。
中でも手のひら多汗症の場合、
手術で完治する可能がかなり高いです。

 

手術は交感神経の余分な部分を切除して汗をかかないようにします。
汗をよくかくのは交感神経が活発になるからです。
ですから手術で余分な交感神経を切除すれば汗も少なくなるのです。

 

手術方法は、
全身麻酔でわきの下に小さな穴を開け胸腔鏡を挿入し、
胸部交感神経を切除する方法が一般的です。

 

手術時間も約30分ですから入院の必要もありません。

 

手のひらの多汗症を治すのに脇の下の交感神経を切除するのも
不思議ですが、この手術でほぼ手のひらの多汗症は完治するそうです。

 

ちなみに足の多汗症の場合は
腰のあたりの交感神経を切除すると良いそうです。

 

ただこれらの手術で目的の部分の汗は少なくなるのですが、
やはり手術によるデメリットもあります。

 

それは、手のひらが乾きすぎるとか頭痛がするなどの
副作用が出るのです。

 

また人によっては、手のひら以外の部分に
異常に汗をかくようになったという例も少なくありません。

 

これを代償性発汗というそうです。

 

手術を選ぶ場合は、
これらのデメリットもよく考慮して行わなければならないでしょう。

多汗症を治す!手術は最後の手段?

多汗症を改善し治すには、手術が一番効果的だと考えている方も少なくないでしょう。

 

確かに、多汗症を治す手術は、効果的かもしれません。
しかし、その前に自分の多汗症がどの程度のものか、
また、手術しか方法がないのか、

 

手術をするメリット、デメリットは?

 

これらのことをよく考えて行いたいものです。

 

もし手術を決断したとしても、最低2ヶ所以上の病院で
診察、相談を受けることをおすすめします。

 

手術によって取り除いたものは元には戻らないからです。

 

命にかかわることは、ないでしょうが、
やはり多汗症を治す手術は、慎重に決めたいものです。

 

中でも、多汗症を治す手術としては、
交感神経切除手術が一般的です。

 

なぜなら多汗症の原因の大半が自律神経のうち、交感神経が優位になってしまうために起こると考えられています。

 

手術以外で多汗症を治す方法としては、
ボトックス注射や超音波で脇の下の汗腺を除去する治療法、

 

局所麻酔薬で交感神経を一時的にブロックする星状神経節ブロック療法、多汗症の部分に電流を流して多汗症を抑えるイオンフォレーシス療法、塩化アルミニウム入の制汗剤、

 

その他精神療法などいろいろな方法があります。

 

多汗症を治す手術は、あくまでも最終手段・・・慎重に!



◆◇◆◇◆◇◆ 多汗症改善最新情報 ◆◇◆◇◆◇◆

もし汗がですぎて困っているなら

こちらのサイトをご覧ください

多汗症改善プログラム最新情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
多汗症最新情報